本格木造住宅

「あなただけの家」を設計

「あなただけの家」を設計しています。ご提案は間取りだけではありません。暮らしやすい家をつくるために、設計の担当は、家事と仕事を両立している女性がメインです。また、お建ていただく方の「夢や憧れをかなえられるように」資金計画を行い、予算配分を行った上で「あなたの家」を設計しています。

1.      【 敷地調査】 家づくりには、たいへん重要な調査。

建設地のことが分からなければ、いい家は建ちません。また、融資も受けられないこともあります。敷地の境界が異なっている場合もあります。
関連法令に基づく建築の制限、土地などの権利関係と境界、インフラ等の確認、道路と敷地の状況や高低差、敷地内の高低差、近隣住宅(窓・玄関等)の配置や高さ、残存物の配置を調査し、家の設計に活かします。

2.    【 資金計画】 融資や必要な諸費用など概略で計算。

資金計画は、建てられる方にとって一番の関心事。いい住宅を設計しても、予算オーバーでは、「絵に描いた餅」。自己資金、贈与、そして住宅ローンの合計で調達できる資金を把握して、必要経費、諸費用や税金を計算して、住宅にかけられる予算を計画します。予算を把握した上で、設計を行います。
資金計画が必要か不要かは、お客様にお任せします。

3.      【 配置計画】 敷地の活用方法・家のファサードの決定。

敷地調査に基づいて、敷地全体の利用計画をたてます。

どこを駐車場にして、アプローチがどうなのか、すると住宅や庭の位置が自然に決まってきて、玄関までのアプローチをどうするか・・・

4.      【 基本設計】 日常の生活動線を考えながら、ご希望をまとめていきます。

配置計画に基づいて、また資金計画を参考にしながら、皆さんとお話をお聞かせいただきながら、間取りや家のファサード(正面)をご提案。家事動線や収納スペースのレイアウトを日常生活の動きの中で検討した上で、間取りをご提案させていただきながら、ご家族のご希望やご意見を調整。場合により、概算の積算を行い、予算との調整を行います。基本設計などが完了しましたら、ご契約となります。

5.      【 実施設計】 予算との調整をして、仕様などの決定。

 間取りが決定しましたら、予算とのすりあわせを行いながら、以降の外観・内観の詳細設計を行います。また、屋根・壁・床・天井の仕上げ方法や材料や色、サッシのガラスの種類、バス・キッチン・洗面・トイレ等の設備も設計して、随時相談した上で選定。

6.      【 ファサード設計】 家に変化をもたせ、家の顔をつくります。

 間取りと外観は、たいへん関連しています。外観の希望が明確にされている場合は、当初よりご相談ください。住宅全体のボリューム感や影の演出の仕方、窓の形状・位置、屋根や壁の材質などで、外観の印象が大きく変化。道路などの見え方も考えながら、家のファサードを設計していきます。

 基本設計・実施設計で具体的な家の顔

7.      【 室内設計】 室内の飾り棚や壁や天井のデザインを。

 玄関廻り・リビング・和室などは室内展開図を描き、室内のポイントになる部屋の壁や天井をデザインします。室内からの窓の高さや建具の大きさ、段差、てすり、棚の高さも相談しながら決定。

8.      【 キッチン・バス・トイレ】 設備機器の設計、イージーオーダ

9.      【照明・スイッチ・コンセント】 生活すると、

 照明の種類や取付位置、メーカー・機種・明かりの色を提案・選定。スイッチの位置や高さは、生活に密着した部分。また、コンセント・テレビ・電話・LANなどは、家電製品をどこにどのくらい設置するか想定して決定しましょう。部屋の模様替えもできるよう。掃除機用のコンセントもお話しながら、選定。

10. 【 カーテン 】 部屋にアクセントと変化と快適性を。

 カーテンは、部屋のイメージにアクセントを与えてくれます。色・柄・種類も多岐に渡ります。レールやボックスは内観デザインの段階で織り込む必要があります。またスクリーン・ブラインド・断熱スクリーンなど様々な種類がありますので、相談の上選定。

11. 【 外構設計 】 樹を一本植えるだけでも、家に風合いが。

 家だけが完成しても、なかなかしっくりこないもの。シンボルツリーなどの植栽を行い、家に風格や風合いと変化をご提案。配置計画に基づいて、植栽・庭・アプローチ・駐車場・塀・ゲート(門)などもご提案。生活をはじめて、実際に動いてみてから再度検討されることをお薦めします。

ページ先頭へ戻る