本格木造住宅

まず、ご自身やご家族の日常生活を振り返ってみてください!

いい家をつくるには、信頼できる「いい依頼先」を選ぶこと。これに尽きます。見かけだけのところやコマーシャルのイメージに惑わされると、いい家どころの話ではすみません。家族がより幸福になるために家を建てようとすることが、依頼先を間違えるだけで、悲劇を招いてしまうケースはよく聞く話です。

1.        家づくりを学ぶこと。

今は、いろいろな種類の住宅があります。いい家をつくるには、家について「よく学ぶ」必要があります。
むかしと違って、構造上の安全性や断熱性能は飛躍的に進歩していて、いろいろな会社が、さまざまな材料を使って、いろいろな構造や工法の家が、さまざまなデザインで、建てられています。当然、基本性能も異なり、建設費用も違ってきます。

                        自分にとって「いい家」を建てるために、どのような家の勉強をすればよいのでしょうか? 

                                 見えなくなるところ、隠れてしまうところ、そこがその家の基本性能です。
                                 長い間、快適に住み続けられる断熱や気密を考えた構造をしているか?
                                 長い間、安全して生活できる地震に強い、そしてシロアリにも強い構造か?
                                 長い間、暮らしても古めかしくならない工夫をしているか?
                                 力まかせの構造を採用していないか?
                                 間取りの自由度や家の外観デザイン(特に屋根の形)は?

                軽量鉄骨造(軸工法、ラーメンフレーム工法)、鉄骨造、コンクリート造(ラーメン構造、壁式工法)
         断熱の構造も違います。充填断熱と外張り断熱、内断熱に外断熱、その両方を持ちえた付加断熱など、価格も不透明。

構造的な安全性、建物の経済性、設計やデザインの自由度、増築・改築の容易性、間取りの可変性、技術力の安定性
を総合的に検討すると、信州の佐久・軽井沢地域では、木造(軸組工法で、壁の中の通気を考えた充填断熱を採用した建物が、もっとも合理的だと結論付けられるでしょう。

2.        日常生活を振り返ること。

                                            「家は、暮らし方のかたち。」生活の仕方は、十人十色。

                    いい家をつくるには、ご自身や家族の生活を振り返っていただき、間取りや部屋の大きさに反映させる

                                              今まで暮らしてきた家の、どんな点が気に入っているか
                                              今まで暮らしてきた家の、どんな点が不満か
                                              これからどんな生活を送っていきたいか
                                              建てる場所の気候・気象をよく知ること。

ページ先頭へ戻る