施工例

M様別荘(軽井沢町)

軽井沢別荘の改修工事

お施主様は平成元年に他社で別荘を建築しましたが、年数が経つにつれ幾つか不具合が出てきたときに、以前に弊社で施工させていただいたお客様の紹介もあり、田中住建で改修させていただくことになりました。定年退職後、東京から軽井沢のこちらの別荘に定住する予定だそうです。寒い冬も越せるよう考慮して取り組みました。

ビフォー・アフター

リフォームしたことで、どのように変化したのかを比較してみました。

before after

P5190256.jpg

PC240032.jpg
リフォーム前の外観を南側から撮影。西側に玄関があり、南側(手前)にデッキがあります。東側に別棟で薪小屋があるのがわかります。薪小屋は書庫に改築予定です。 改修後は、新しく改築した書庫と別荘の間に屋根をかけ、家の中での行き来できるよう繋げました。南側はデッキを延ばし、北側は食品庫兼通路になっています。

 

before after

P1010828.jpg

IMG_1020.jpg

リフォーム前の建具に注目。左端にあるすりガラスのドアは玄関につながります。右の引き戸の奥は和室です。建具は薄い木目調シートが張られた集製材でした。 すりガラスのドアは、玄関からの明かりを取り入れるため、「カットガラスの建具」に作り変えました。和室は洋間へと改装。洋間に相応しい無垢の建具に作り替え、どちらの建具も内法を上げ、部屋を広く明るく見えるよう手を加えてあります。

 

before after

P1020100.jpg

IMG_1167.jpg
写真はキッチンに平行して並ぶ無垢のカウンターです。狭い向かい合って使用するには少し奥行が狭いようです。奥には勝手口があります。 無垢のカウンターを自社工場で加工。天板を半分に切り、強化ガラスを間に入れ、奥行を広げて使いやすいダイニングテーブルに生まれ変りました。勝手口だった扉の向こうには食品庫を増築して、新書庫とダイニングを繫ぐ渡り廊下の役割をしています。

 

before after

P1020059.jpg

IMG_1105.jpg
押入れのある和室。湿気に悩まされていたそうです。こちらは改装後は洋間になり、南側にあるデッキを壊し、その分部屋を増築します。 和室が四帖ほど広い洋間に変身。押入れの建具は内法を高くして使いやすくしました。湿気は断熱材と窓の上に設置した除湿機で防ぎます。

 

before after

P5190258.jpg

IMG_1137.jpg
薪小屋は、母屋と屋根を繫げて部屋として使用できるように、間に通路を造りデッキも繫げます。 薪小屋が書庫に生まれ変りました。実は施主様ご夫婦は大学の教授をされている関係で本が沢山あり、書庫が欲しいというご要望が初めにありました。膨大な量を収納できるよう本棚を両壁に並べました。

 

before after

MEMO0101.jpg

IMG_0997.jpg
リビングの天井は野坂板のあらわしになっています。天窓が一つありますが、右側にあるキッチンの辺りになると暗く、昼間でも電気を付けるような状態でした。 寒い冬を越せるよう天井にも断熱材を施し無垢板貼りにしました。また天窓を一つ増やしたことで、明るさが増し、暖かく雨時も静かになり気持ちよく過ごせるよう変化したそうです。

 

 

ギャラリー

ページ先頭へ戻る